300万ドルの資金調達を完了して臨床試験のステージへ

株式会社Abrax Japan(以下「Abrax Japan」)は、アトピー性皮膚炎に対するABX-919の臨床開発を推進するため、既存株主を中心とした投資家から、300万ドル(約3億1千万円)のシード4の資金調達を実施しました。

自己免疫疾患の新しい治療法の開発に取り組むバイオテクノロジー・スタートアップであるAbrax Japanは、本日、既存および新規の投資家から300万ドルのシード資金の調達を完了したと発表しました。本調達資金は、主にGMP製造、前臨床試験、およびヒト初の概念実証(POC)臨床を含む、当社のアトピー性皮膚炎のリードプログラム(ABX-919)を開発するために使用されます。また、将来のアセットのための次世代開発作業などにも役立てられることになります。

Abrax Japanの最も先進的なプログラムであるABX-919は、アトピー性皮膚炎の治療のための局所スプレー薬です。この製品は、ペンシルベニア大学の上林拓博士の研究を通じて発見された既存医薬品有効成分(API)に対する新たな作用メカニズムをアトピー性皮膚炎の治療に応用するものです。また、上林博士は、TSLPレベルの上昇が皮脂(皮膚バリア機能のために皮膚によって生成される油性物質)の分泌を誘発することを発見しました。このメカニズムを通じて、TSLPは、トリグリセリドを減少させ、血糖値と空腹時インスリンレベルを改善することにより、肥満マウスの脂質代謝も改善していることを発見しました。 (上林博士によるサイエンス掲載論文

ABX-919は現在、前臨床動物実験の最終段階にあり、2022年からオーストラリアにおいてアトピー性皮膚炎患者を対象としたヒト初のPOC臨床試験を開始する予定です。 Abrax Japanは、新薬承認申請(NDA)505(b)(2)を利用することで、その後の迅速なFDA承認を取得することを目指しています。

Abrax Japan共同創業者/代表取締役CEO 成田譲のコメント:

「TLSPのメカニズムを取り巻く新しい生物学に対する上林博士の研究は、私たちのリードプログラムとしてのABX-919の開発につながりました。しかし、私たちにとってこのような成果は氷山の一角です。 私たちはTLSPを取り巻く新しい生物学を効率的に解明し、患者の免疫系への効果を効率的に解析することにより、この分野のさまざまな開発を急速に拡大できると確信しています。 ABX-919と当社の次世代製品は、ドライアイ、高脂血症、男性型脱毛症、肥満、ADなどのさまざまな疾患の治療に応用できると期待しています。

Abrax Japanについて

アメリカ合衆国、ペンシルベニア大学の上林拓博士による研究の発見を商業化することを目指し、2020年に設立されました。 TSLPの正しいメカニズムへの理解とその医療への応用を実現するために、成田譲をCEOに任命し、上林博士と共に東京に株式会社Abrax Japanが誕生しています。

ABX-919について

ABX-919は、乾癬での使用が承認された市販薬を再配合したAbrax Japanが開発した物質です。 新薬承認申請(NDA)505(b)(2)規制経路を通じて、Abrax JapanはABX-919により、アトピー性皮膚炎の局所治療におけるアメリカFDAの承認を加速することを目指しています。

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎は、患者の生活の質に影響を与える幅広い臨床症状を伴う慢性炎症性皮膚疾患です。一般人口において約25%の子供と2〜3%の成人がこの病気に冒されています。臨床症状には、激しい掻痒、紅斑、皮膚の乾燥、滲出および痂皮形成が含まれます。主な症状はそう痒症であり、幼少期に現れ、喘息などのアレルギー性疾患に先行することがよくあります。

現在の治療法は、環境刺激やアレルゲンへの曝露の低減、皮膚の保湿、かゆみの局所制御を中心としたライフスタイルの変更に基づいています。アトピー性皮膚炎では複数の局所療法が使用されており、局所抗炎症治療(コルチコステロイド)、カルシニューリン阻害剤(ピメクロリムス、タクロリムス、クリサ​​ボロール)、そして経口抗ヒスタミン療法が用いられています。しかし、米国食品医薬品局(FDA)はこれらの医薬品の幼少期や青年期での使用において、安全性に対する懸念を示しています。

本件に関しますご質問、ご意見、取材の申し込みは以下のリンクより当社広報部へお知らせください。担当者よりご連絡差し上げます。

お問い合わせはこちら